飲み会で鍋を選ぶ時の注意点

居酒屋選びのいろんな話

MENU

飲み会で鍋を選ぶ時の注意点

忘年会や新年会など、寒い季節の飲み会では、鍋のコースが人気があります。
一人暮らしだと、なかなか自宅で鍋を食べる事が出来ません。
そのため独身者に嬉しいメニューです。
またメタボが気になるサラリーマンや、ダイエット中の女性にも、
鍋はヘルシーで野菜をたっぷり摂取できる料理なので喜ばれます。
健康や美容に効果的で、価格帯も複数の料理を注文する事を考えると、
トータルでは鍋をコースに入れた方がお買得かもしれません。
何よりも寒い季節に、鍋を食べると身体の内側から温まるので、美味しいですよね。

 

最近は鍋料理と言っても、いろんな味付けや具材にも拘りがあり、
和風ベースだけでなく、トマトベースにチーズが入るなど、洋風の鍋も人気があります。
バラエティが豊富という意味でも、鍋料理は人気がある理由でしょう。

 

ですが、会社の忘年会や新年会の場合に、鍋を選ぶのは、ちょっと注意が必要です。
例えば年上の異性の上司が直箸すると、
その鍋を食べるのは抵抗を感じるという若い女性は、少なくないでしょう。
あるアンケートのデータでも、
会社の飲み会の鍋は嫌だと感じている人が多い事が分かります。
また鍋の場合は、若手が鍋奉行をしなければいけないため、
気疲れしてしまうというケースもあります。
中には率先して鍋奉行をしたがる人もいますが、
そういう人の鍋奉行はルールが細かすぎて、面倒なルールが多かったりします。

 

女子会や親しいメンバーでの飲み会なら、鍋もOKですが、
集まるメンバーを考慮した上で選ぶようにして下さい。
冬の飲み会だから鍋が喜ばれると、安易に決めないようにしましょう。

 

五反田の居酒屋にある個室でも、ぜひ鍋料理を注文してみてくださいね。