鍋のマナーについて

居酒屋選びのいろんな話

MENU

鍋のマナーについて

大人になるまで、自宅以外では、鍋を食べた事がなかった。
そんな人にいるかもしれません。
そうすると、自宅の鍋の食べ方が、一般的と思いがちですが、
それは自宅ルールで外出先でしてしまうとマナー違反な行為かもしれません。
冬になると飲み会の席などで、鍋を食べる機会も増えますから、
鍋のマナーについては覚えておいて損はないでしょう。
では、いくつか鍋のマナーについて紹介します。

 

まず鍋料理は、完成された状態では出てきません。
誰かが具材を投入しなければいけません。
投入する順番はダシげ出るもの、火が通しにくいものから順に入れていきます。
基本的に鍋の一番近くに座った人が、鍋奉行をする事になりますが、
鍋奉行の人に任せきりにしないようにしましょう。
鍋奉行の人が、全然ゆっくり食べられないという状況になりがちです。
そのため、鍋の近くにいる人は、具材投入を手伝うようにして下さい。

 

そして、間違ったマナーとして、直箸はマナー違反だと考えて、逆さ箸にする人がいます。
しかし、逆さ箸は、衛生的ではないという意見も多く、
直箸も逆さ箸もどちらもNGな行為である事を理解しておきましょう。
では、どうするのか?というと、取り分けようの箸をお店の人に用意してもらうのがマナーです。

 

また具材の量は、ある程度1人前の量が決められています。
特に肉や魚、カニなど、鍋のメインとなる具材は、
いくら美味しいからといって1人で食べ過ぎないようにして下さい。
具材が均等に行きわたる事を考慮して、バランスよく取り分けましょう。
そして、取り分けたものは、全て綺麗に食べるのがマナーです。

 

美味しい鍋が食べられるところなら立川 居酒屋がおすすめです。