会場予約の時に確認しておきたいこと

居酒屋選びのいろんな話

MENU

会場予約の時に確認しておきたいこと

飲み会を開催する会場が決まったら、早めに予約だけでもしておくことをおすすめします。
飲み会が最も集中するのが木曜日や金曜日です。
土日が休日という職場が多くあるので、
休み前に飲み会をやってもらったほうが翌日の仕事のことを考えずに飲み会を楽しめるようになるからです。
特に忘年会や歓送迎会といった飲み会シーズンの週末は居酒屋もかなり混雑すると思いますので、
早めに予定を立てて予約をしておいたほうがいいからです。
 

 

予約をするときは、日時、おおよその参加人数をお店の方に伝えると思いますが、
併せてお店の方に確認しておいた方がいい事項もあります。
まずは会場の収容人数です。
予約時の人数は概算であり、当日の突然の欠席なども起こり得ますし、
直前に都合が悪くなる参加者も出てくると考えられます。
また逆に突然参加者が増えたりと、人数が多少前後することも十分考えられます。
ぎりぎりの収容人数の会場を予約してしまうと、急な人数の増減に対応できなくなってしまいますので、
ある程度収容人数に余裕があったほうがいいのです。
参加人数に変更がある場合は、いつまでを期限に連絡を入れた方がいいのかも確認しておきましょう。
そして万が一の時のことを考えて、
開始時間や終了時間が遅れた場合の対応についても確認しておくといいでしょう。
急に飲み会直前に仕事が入ってしまったなどの理由で、
飲み会の開始が遅れてしまうことがあります。
そうなれば飲み会の終了も時間が遅くなってしまうのですが、
もしもそういった事態が起こった場合のお店の対応について聞いておくと安心です。