夏には冷たい鍋を食べよう

居酒屋選びのいろんな話

MENU

夏には冷たい鍋を食べよう

寒い冬に居酒屋で、熱々の鍋をみんなで食べると美味しいですよね。
梅田の個室居酒屋で先日、鍋パをしてきましたがとても楽しかったです。

 

しかしながら、いくら美味しくても、夏には鍋は食べない、そんな人も少なくないでしょう。
ですが、夏だからこそ、夏バテにならないために、栄養満点の鍋を食べる事をおススメします。

 

でも、さすがにクーラーが効いた店内でも、コンロをつけて、熱々の鍋を食べていたら、汗を大量にかいてしまう。
そんなふうに思うかもしれませんが、安心して下さい。
夏には、冷たい鍋があり、実は今、冷たい鍋がさっぱりして食べやすいと人気を集めているのです。

 

夏の鍋は、夏野菜を具材に選ぶのがオススメです。
やはり、旬の野菜は、1番栄養価が高く、味も美味しい瞬間ですから、美味しくないわけがありません。
特に人気なのが、夏野菜のトマトを使った、冷やしおでんです。
トマトの他にも、とうもろこしやオクラなど、夏野菜が意外なほどおでんとよく合います。
料理は冷める時に、味がよく浸み込むため、冷やしおでんは、じっくりと味がしみこんで美味しくなっています。
鍋料理なので、しっかり野菜が摂取できて、しかもヘルシーで健康によく、ビールや冷酒との相性も抜群です。

 

冷やしおでんの他にも、冷たい鍋はいろんな種類があります。
ユニークなところで、刺身と夏野菜の冷やし鍋は、通常の鍋にも魚を入れた鍋がありますよね。
それと同じ感覚で、冷やし鍋には刺身を入れるのです。
冷たいゴマダレをかけて頂く、さっぱりと美味しい鍋料理です。

 

鶏ガラ塩のさっぱり冷やし鍋は、煮込んだ鍋に氷を入れて冷やすという豪快さです。
冷やし鍋の〆は、素麺がオススメです。